HOME > 診療項目について  > スポーツの痛み

スポーツの痛み

スポーツの痛み

スポーツの痛み のイメージ

スポーツの痛み(スポーツ傷害)は、外傷と障害に分けることができます。
外傷とは、1回の外力によって組織が損傷されるものです。そのため原因が明確なことがほとんどのケースです。
代表的な外傷は、骨折、   脱臼   靱帯損傷筋挫傷肉離れ腱断裂脳震盪などです。外傷の症状としては、急性炎症として疼痛、腫脹、熱感、発赤、機能障害が起きます。

障害とは、繰り返されるストレスによって組織が徐々に損傷するものです。そのため、原因がはっきりしないことが多い痛みです。いつの間にか痛みや運動制限が発生していることがほとんどです。
代表的な障害は、アキレス腱炎、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)、肩板損傷(野球肩)、内側上顆炎(テニス肘)、腰痛症などがあります。これらの多くは、ランニングやジャンプ、揖球などの動作を繰り返すことによって誘発される外傷・炎症です。症状としては、主に運動痛などによって運動制限が生じるものです。

当院では、保険の診療と自由診療により、スポーツをされる方々の諸症状の治療に努めています。
また、包帯固定、リハビリ、ストレッチ、固定テーピング、キネシオテープも行っておりますので、まずは一度ご相談下さい。

各治療費・料金は、こちら

治療費・料金
交通事故専門サイトのイメージ

当院の交通事故治療は、自賠責保険を適用しております。
むち打ちなど辛い症状は、ご相談下さい。

詳しくはこちら